おでこのシワ対策は頭皮からの引き上げも重要

 「全身の筋肉は、頭頂部から筋膜でつながっています。そのため、カチカチに硬直した頭皮の緊張をほぐすケアを行うことが、おでこをリフトアップしてシワを根本的に改善するうえでも大切です」と村木さん。

 実は頭皮には、筋肉がない。頭蓋骨の前後にある筋肉につながった薄い筋膜「帽状腱膜」が、頭頂部に広がって頭皮を支えているのだ。筋膜の硬直をほぐして頭皮のしなやかさを取り戻し、ハリを失ったおでこを内側から引き上げよう。

頭皮のたるみを改善してシワをトータルケア

 帽状腱膜をほぐすと、血流が促され、頭皮全体に酸素や栄養が行き渡る。だから頭皮ケアの一環として、シャンプーのときにあわせて行ってもいい。

アプローチするのはココ!

 前頭部の「前頭筋(ぜんとうきん)」と、後頭部の「後頭筋(こうとうきん)」の間につながる筋膜が「帽状腱膜」。頭皮に付着して頭頂部全体に広がっている。

(2) 5本の指を大きく広げ、おでこから後頭部に向かって、頭皮にある「帽状腱膜」をジグザグと15秒程度ほぐしていく。指の腹で耕すように、頭蓋骨をほぐしながらシャンプーするイメージで行おう。

 「頭皮の緊張をほぐすケアは、顔全体のリフトアップにも必須」(村木さん)。村木式の簡単セルフケアでシワやたるみ改善に役立てよう。

『整筋・顔体大全(せいきん・かおからだたいぜん)』
 著者:村木宏衣
 出版:日経BP社
 価格:1400円(税抜)
 ■ Amazonで購入する

取材・文/オカモトノブコ 写真/稲垣純也 モデル/MIKA 筋肉CG制作/佐藤眞一(3D人体動画制作センター) スタイリング/椎野糸子 ヘア&メイク/依田陽子