アルコールを飲む頻度は
化粧を落とさないまま寝てしまうことがあるか
飲み過ぎた翌日、朝食を食べるか

 ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「decencia(ディセンシア)」が働く女性を対象に実施した忘年会シーズンの飲酒に関する調査の結果によると、約6割が飲み過ぎた日はメイクをしたまま寝てしまっているという。

 仕事を持つ20歳代―40歳代の女性223人に、忘年会シーズンにアルコールを飲む量が増えるか尋ねたところ、7割以上(72%)が「増える」と答えた。そのうち週に3日以上飲む人は半数近く(45%)にのぼった。

 忘年会シーズンに飲む量が増えると答えた人は、お酒を飲んだあと「化粧をしたまま寝てしまう」(「たまにある」と「よくある」の合計)が56%、「翌日の朝食を食べない」(「食べない方が多い」と「いつも食べない」の合計)が54%といずれも半数を超える。

 アルコールの飲み過ぎは、不規則な生活を招くと同時に、肝臓に蓄積されるビタミンAが減少するため、皮膚の抵抗力を高める働きが弱まり、乾燥による肌トラブルも起こりやすくなる。つまり、飲み過ぎで乾燥肌を進行させてしまう危険性があるのに加え、メイクを落とさずに寝ると、皮脂の汚れやメイクが混じり合い、空気にさらされて酸化し、“肌サビ”(過酸化脂質)状態を起こしてしまう。

 さらに、ポーラの調査では朝食を抜くと角層のはがれ具合が悪くなることが分かっており、肌の保護力が弱まって角層状態の悪化につながる。12月は平均気温と湿度とも下がるうえに、オフィスなどの室内は暖房でいっそう乾燥することもあり、ただでさえ角層のはがれ具合が悪い人の割合が高くなる。

 飲み過ぎた後は、スキンケアの際に頬を両手でつつみこむように保湿成分をしっかり肌に浸透させ、仕上げにホットタオルで温めるなどしていつもよりひと手間加えることを、ディセンシアは勧めている。

■関連情報
・ディセンシアのWebサイト www.decencia.co.jp

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント