少し前まで「転職できる限界年齢は35歳」といわれてきました。しかし第2回記事(「30代が異業界にチャレンジする意義」)でもお伝えした通り、30代でもキャリアチェンジを含めた転職の可能性が広がっています。今回は、30代での転職活動を成功させるためにどんなことを身に付ければいいか、また「出産後」の転職の可能性についてお伝えします。

選択肢を増やすために身に付けるべきこと

 30代以降で転職する場合、選択肢を広げるためにはどんなことを身に付ければいいのでしょうか。

 お話を伺ったのは、リクルートキャリアの中野裕子さんと内田怜七さん、『type転職エージェント』を運営するキャリアデザインセンターのキャリアアドバイザー・江﨑麻里奈さん。

 「企業は30代以上の応募者に対してどんなポイントを重視するか」を踏まえ、アドバイスをいただきました。

 転職のプロである3人が口をそろえのは、大前提として「自分の強みや特性を自覚する」のが重要であるということです。

 「30代前半くらいまでには『自分はこれができる人』『自分はこういう人』と自覚しておかないと、今の会社に依存しがちになってしまいます。この会社でしか生きていけないんじゃないか……みたいな固定概念にとらわれ、ずるずると会社の言いなりになってしまったり、本来の力を発揮できなかったりする人は多いと感じます。でも、自問自答し、自覚することで、今の会社が自分に合っているかどうかを判断できる。会社に残るにしても転職するにしても、次のチャレンジに向かうことで40代以降のキャリアを充実させることができます」(中野さん・内田さん)

 「自分が戦う領域を定める。30代のうちにそれができていれば40代でも転職できるし、それを実現している人はたくさんいます」(江﨑さん)

 では、自分の得意領域を決めた上で、それをどのように強化すればいいのでしょうか。3つのポイントを挙げていただきました。