1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. doors 旬のインタビュー
  4. 井手上漠 ジェンダーレスの自分 もっと知りたい
doors 旬のインタビュー

井手上漠 ジェンダーレスの自分 もっと知りたい

SNSでのコメントが原動力に 否定的な意見には「逃げるのも強さ」

“かわいすぎるジュノンボーイ”として注目され、ジェンダーレスに活躍する井手上漠さん。ツイッターでは37万人、インスタグラムは39万を超えるフォロワーを持ち、SNS世代から絶大な人気を得ている。4月20日に出版した初の書籍「normal?」では、身体は男性だが、心は男性でも女性でもあると、自身のジェンダーに悩んだ過去を明かしている。「自分らしく生きる」と決めた井手上さんの半生を振り返ってもらった。

(前編)井手上漠 ジェンダーレスの自分 もっと知りたい ←今回はここ
(後編)井手上漠 「自分を責めるしか逃げ道がなかった」

「私の存在が不思議」だから注目されている

編集部(以下、――) SNSではたくさんのフォロワーがいて、若い世代を中心に支持されていますね。ご自身の人気についてどう分析されていますか?

井手上漠さん(以下、井手上) SNSはテレビ番組に一度出演してから一気にフォロワーが増えました。ジェンダーレスであるという私の存在が不思議なのかなと思います。

 皆さんからどう見られているのかが分からないので、エゴサーチもやっています(笑)。気になって精神的につらくなることもあるので、してはいけないとは思っているのですが。 でも今は自分をもっと知りたくてジェンダーレスとして活動している自分がどう見られているのか。いろいろな意見を取り入れたいんです。実際に取り入れるか取り入れないかは私が決めるんですけど。SNSでの皆さんの意見がすごく活力になるんです。

―― SNSでは批判的な意見もあります。

逃げるのも強さ

井手上 厳しい意見もありますけど、全て受け止めることはしないように取捨選択はします。時には逃げるのも強さと考えます都合よく、ポジティブに考える事も大切かと。例えば、私は占いを都合よく使います。何かいいこと言われたら信じるけど、悪いと言われたら信じない。今はそれでいいと思うんです。

 それにSNSでの数にあまり固執しすぎないようにもしてます。フォロワー数がすべてという考えは持っていません。誰か好かれるためというよりは、この写真いいなと思ったら、「インスタにあげよ!」という感じで続けていますね。気ままにやっています。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります