日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 最高の失敗図鑑
  4. 金子恵美 出産日夜に夫からまさかの告白 あの日の決断
最高の失敗図鑑

金子恵美 出産日夜に夫からまさかの告白 あの日の決断

失敗図鑑(上)「政治家としてもったいない」怒りよりも「何とかしなくては」

何かを成し遂げた女性は、華々しいキャリアで順風満帆に見える。でも実は、見えないだけで、思い通りにいかず悔しくて、泣いて、もがいて、落ち込んで…「失敗だらけの道」を歩んでいるかも。先輩たちの生々しい失敗談に、転機の乗り越え方、転び方、失敗を最高の糧にするヒントを学ぶ連載。今回は、元衆議院議員で、コメンテーターの仕事や講演活動を中心に活躍する金子恵美さん(42歳)。産後直後に夫の不倫スキャンダルが発覚。しかし、損得を考えて保身を図ろうとすることなく、ある決断をする。「この話をメディアでするのは初めて」というエピソードも交えて、金子さんが経験した失敗、そしてそこから生まれた信条について聞いた。

(上) 金子恵美 出産日夜に夫からまさかの告白 あの日の決断 ←今回はここ
(中) 金子恵美 夫の騒動に「全く別れる気はなかった」理由
(下) 金子恵美 留学中の失敗で学んだ多様な視点

 元衆議院議員で、コメンテーターや講演を中心に活躍する金子恵美さん(42歳)。新潟県出身で、父親が月潟村(現・新潟市南区)の村長だったことから、学生時代から政治家を志し、ミス日本関東代表という経歴を経て、2007年、新潟市議に初当選した。

元衆議院議員で、コメンテーターの仕事や講演活動を中心に活躍する金子恵美さん。金子さんが、自身の失敗から学んだこととは?
元衆議院議員で、コメンテーターの仕事や講演活動を中心に活躍する金子恵美さん。金子さんが、自身の失敗から学んだこととは?

 その後、県議を経て、2012年、新潟4区から自由民主党公認で出馬し、当選。1期目から活躍を期待され、2期目には総務大臣政務官に。が、3期目を懸けた選挙で落選。その原因として、夫の元衆議院議員の宮崎謙介さん(39歳)の不倫スキャンダルを記憶している人も多いだろう。

落選したのは、私の力不足が原因だった

 だが、金子さん自身は「私自身に力があれば、その力を評価してもらえて再選できたはず。そうならなかったのは明らかな私の力不足なのに、夫のせいと言われたのはつらすぎました」と振り返る。

 ワイドショーや週刊誌の格好の餌食になり、所属党内からは「離婚すれば女性票を確保できるから離婚しろ」と勧められ、地元の支援者たちは「別れなかったら絶対応援しない」と口をそろえたという。それでも、金子さんには「夫と別れるつもりは1ミリもなかった」

 自身の政治生命も危ぶまれることは承知の上で、金子さんは決断した。なぜ、損得を考えて保身を図ろうとしなかったのか。そこには、過去の失敗から生まれた信条があった――。「この話をメディアでお話しするのは今回が初めて」というエピソードを交えながら、特別に上中下の3回にわたって語ってもらう。

<金子恵美さんの失敗年表>22歳 早稲田大学第一文学部卒業/新潟放送に勤務/25歳 ミス日本関東代表に選出/26歳 韓国の梨花女子大学校に留学 ここで失敗①/29歳 新潟市議会議員選挙で初出馬、トップ当選/32歳 新潟県議会議員補欠選挙に出馬し、当選/34歳 新潟県議を辞職後、衆議院議員総選挙に自由民主党公認で新潟4区から出馬、当選/37歳 同期の衆議院議員・宮崎謙介氏と結婚/38歳 第一子を出産/夫の不倫報道により、宮崎氏は議員を辞職/第3次安倍第2次改造内閣で総務大臣政務官に/39歳 衆議院議員総選挙で落選(比例復活の当選もならず)ここで失敗②/40歳 コメンテーターや講演活動を開始
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります